menu

自分でデザインを制作するのがおすすめ!入稿したほうが安いチラシが作れる

HOME » チラシの作り方 » 自分でデザインを制作するのがおすすめ!入稿したほうが安いチラシが作れる

自分でデザインを制作するのがおすすめ!入稿したほうが安いチラシが作れる

チラシのデザインは業者に依頼するのと、自分で作るのどちらがいいのでしょうか。
もちろん、業者に依頼した方がデザインがキレイなので、仕上がりを重視したいのであれば業者に依頼したほうがいいと思います。
しかし、安さにこだわってチラシを作りたいときはデザイン料を省けるように、自分でデザインして入稿するのがおすすめですよ。

・チラシのデザインを安い価格で抑えたい場合は?
チラシを制作するには便利ツールなどを使えば、誰でも簡単にチラシを作ることが出来ます。
自分でデザインをすればデザイン料がかからないので、安い価格でチラシを作れるのでおすすめですよ。
最近の便利ツールではテンプレートが豊富に用意されているものが多く、自分が思い描く理想のデザインを制作することも出来るでしょう。
自分でチラシを作るときは余白を上手く活用したり、文字のサイズ、強調したい部分などを考えながら作るのがポイントで、チラシ全体のバランスを確認しながら作りましょう。

・最終チェックの方法と入稿方法について
デザインを自分で制作してチラシを作ったら、最終チェックとして自宅のプリンタで印刷をしてみましょう。
プリンタで試し印刷をすることで、画面上では分かりずらい細かい部分についても見落としがなくなります。
読みやすい、見やすいチラシにするためにもこの作業は欠かさず行いましょう。
最終チェックが終わったら印刷会社に入稿する作業を行い、ファイルをメールで送って入稿しましょう。
この作業を自分で行うことができれば、デザイン料として大体10,000円〜30,000円程度のコスト削減が可能になります。
デザインの価格が高いところでは1枚のチラシでも、40,000円〜50,000円程度かかることもあります。

このようにチラシはデザイン料が高く、自分でデザインを制作し入稿することができればコストを削減でき安い価格でもチラシが作れます。
自分でデザインを制作して入稿するときは、自宅のプリンタで必ず試し印刷をして内容をよく確認をしてから入稿しましょう。
また、客観的な観点からチラシを見たりして、惹きつけられるチラシになっているか、見たい、行きたいと思ってもらえるチラシになっているかも確認してみましょう。

デザインの制作が完了したら入稿作業をしてからデータを送り、必要な枚数のチラシを印刷してもらいましょう。
印刷会社によってはwordでデータを入稿できるところとそうでないところがあるので、自分でデザインを制作して安くチラシを作りたいときは、入稿方法について印刷会社に詳しく聞いておいたほうがいいと思います。